満足するため|満足感に満ちた住宅売却を知る|不動産売り飛ばし術

満足感に満ちた住宅売却を知る|不動産売り飛ばし術

満足するため

建物の模型

会社や注意点を知ることで満足いく家づくりを

タマホームは最近では知名度も上昇しているローコスト住宅の代表メーカーの一つです。ローコスト住宅の先駆者的企業なのです。1998年の創業時は坪単価25.8万円などと驚きの低価格をアピールした広告が話題になりました。近年はこうした坪単価表示を取りやめ総額表示を行っています。最終的な支払金額を延べ床面積で割った時の坪単価は50万を切る物件が多く全国的な平均よりは安い価格で住宅が購入できるとされています。さらにタマホームで使用されている材料は一流メーカーにも引けを取らず標準仕様と呼ばれるお金のかからない選択肢も豊富なメーカーと言えます。タマホームの評判に限った事ではありませんが当然良い評判も悪い評判も聞かれます。

タマホームの評判と対策

タマホームは他のメーカーと比較すると創業間もなく急成長した会社と言えます。急成長しているからこそ社員の育成が追い付いておらず評判の中でも批判的な意見の多くがこうした社員へ向けてなのです。せっかく良い商品が使用されているのに商品知識が乏しくその魅力が十分に伝えられなければ意味がありません。どうしても安い住宅イコール使用している材料も安価なものというイメージがあり社員も顧客にこうしたイメージを払しょくする説明が出来ていないのも現状です。これは現場を管理しているどの会社にも言えることで現場知識に乏しいということは管理が出来ないだけでなく職人への指示も出来ないのです。そうなると現場の職人任せの住宅になってしまいトラブルなどが発生した際にも施主の要望と異なる結果となってしまうのです。こうしたトラブルを防ぐためにはしっかりと知識を持った人間を見極めそういった人に担当してもらう、施主側でも現場確認を行うことで満足のいく住宅を建てることができます。